エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
2005年 05月 26日
第2戦スペイン、アルバセテ8時間耐久レース
ここアルバセテはスペインの南の方にあり、昼間は本当に暑くて乾燥していて気温は35度以上、湿度が5%という砂漠みたいなところにあるサーキットです。

さすがアフリカに近いだけのことはあります(笑)

今回はチームメイトのバンサンと二人で8時間を走る予定でした。
このコースはオフの間にテストに来てチーム内でトップタイムを出していたので自信を持ってのサーキット入り!でも公式練習が始まってすぐ何やらテストの時とは違い、思ったように走れないのです。

何が原因かと言うと、テストの時とは全くコンディションが違い気温は35度以上ありコース上に砂が浮いていて最悪のコンディションだったのです。そういった状況なので全くタイヤがグリップしません。今までこんなにグリップのしないコースは走ったことが無いのでかなり戸惑いましたね!

公式練習で何度もセッティングを変えるのだけど全く良くならず困っていました。タイムが出ないのはバンサンも一緒です。そして予選になってセッティングの方向性が見えてきて、バンサンがトップタイムを出しました。僕も負けずにタイムアタック!のつもりが、あまり周回が出来なくって思ったようなタイムを出せなかったのです。すごくストレスの溜まる予選でした。それでもチームの平均タイムで決まる予選では  ポールポジションを獲得!

そして決勝です。

夕方6時スタート夜中の2時ゴールという、とんでもないスケジュールだけど涼しくなるので体力的には助かります。

スタートはバンサンです。序盤バンサンがスペインの地元チームのヤマハとトップ争いをしていて僕に代わる時まで僅差のトップで僕に交代!いよいよ出番です!予選でタイムを出せなかったフラストレーションもあり、代わってすぐに2位以下を引き離しファーステストラップも叩き出しての独走状態に持っていきました。

1回目の僕の走行は夜の7時だったけど、まだ気温は30度以上もあるというきびしい状態でした。2回目の走行から暗くなり始めて涼しくなり、楽になりました。夜間の走行だけど、アルバセテは照明が明るくてほとんど昼間と同じようなタイムで走れるのです。そして2回目の走行でレース中のファーステストラップを更に更新して、順調に2位以下を引き離していき順調にトップを快走していました!

そしてラスト1時間を切ったところで、2位と3ラップ以上とブッチギって最後は僕の走行です。あとは淡々と走るだけです。

でもレースは終わるまで何があるか分からないので最後まで気は抜けません。そしてもうすぐチェッカーかなって思っていたところに、

なんとエンジンのパワーが落ちてバイクが遅くなったのです。

やっぱり最後まで油断できないよね~!

大きくスピードが落ちたわけでは無かったのだけど、あきらかにパワーが落ちているのです。その時あと何周あるのかわからず、とにかくペースを落として壊れないでくれ~と祈りながら走っていました。すると次の周にチェッカーだったのです。「あ~助かった~」って感じでした。本当にあせりましたよ~!

開幕戦に続き2戦連続ポールtoフィニッシュと、チャンピオンシップを考えると最高の結果が出せました。

みなさん日本から応援ありがとうございました。

次は、やっとみなさんの前で走れる日本でのレースです!
僕も楽しみにしています。


鈴鹿300km応援に来てね~!
[PR]

by k1-kitagawa | 2005-05-26 11:57 | メイン


<< 忘れ物には気をつけましょう!      開幕2連勝 >>




Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム